2017
09.03

はじめてのテント泊、朝ご飯は朝ごパン

3回に分けて送る夏の親子企画の様子も最終回。最終回の今日は、2日目の朝ごパン作りを中心にお届けします。たかむ~です。

2日目はみらい塾では定番となっている朝ごパンを焼いて食べました。朝ごパンというのは自分でこねて焼いて食べる朝ご飯です。

朝ごパン作りは、まず、小麦粉などを混ぜたものに水を入れて練り混ぜるところから始まります。ビニール袋の中に小麦粉などの材料を入れてあります。
材料に水を入れて練り混ぜる

ビニール袋の中の材料を練り混ぜて生地にし、この生地をよくこねて、ビニール袋にくっつかなくなるぐらいまでこね続けます。みんな、初めてのパン生地を真剣にこねています。
パン生地をこねこね

こね終わった生地を20分~30分置いておくと、発酵して生地が膨らんできます。今回、パンを焼くのにはダッチオーブンという直接火にかけることのできる鉄鍋を利用します。ダッチオーブンの中にふくらんだパン生地を並べていきます。
ダッチオーブンにパン生地をセット

ダッチオーブンの下と上に火の付いたマキを乗せて、ダッチオーブンを温めてパンを焼きます。
ダッチオーブンを温めてパン焼き

30分ぐらい掛けてゆっくりと焼くと、焼き目のついておいしそうなパンが焼きあがりました。
朝ごパン焼き上がり

焼きたて熱々のパンをみんなでおいしくいただきました。
朝ごパンをいただきます

朝ごパンを食べ終わったら、参加者の方に2日間の感想を書いてもらって、それをみんなで発表し合って2日間の活動を終えました。


3回に分けてお送りした夏の親子企画の報告もこれで全部です。長文お付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://miraijuku.blog67.fc2.com/tb.php/317-a793e5d1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top