2014
05.05

ロッカー燻製箱でソーセージづくり

Category: プチみら
こんばんは、たかむ~です。
GWまっただ中の本日(5月5日)、あいにくの雨ではありましたが、スタッフ親睦会として、ロッカー燻製箱にてソーセージづくりをしました。
ベテランスタッフから今年が初めてというメンバーまで総勢30名(メンバーの家族含む)が集まりました。

まず、燻製箱ですが、今までの段ボール箱に代わり、更衣ロッカーに段ボールと木で加工したものを用いました。下にチップ等を燃やす部分を、上に薫製にするものをのせる網を配置しており、中に木の扉設けることで熱や煙が逃げにくい構造にしてあります。
ロッカー燻製箱

続いて、ソーセージ作りの流れを紹介します。
まずは、肉をミンサーでひき肉にします。けっこう力のいる作業です。
ミンサーでひき肉に

次にひき肉と氷を混ぜ、薬味を加えて練り混ぜます。なお、今回はフードプロセッサーを使いました。
練り混ぜる

そして、羊腸をソーセージスタッファーに取り付け、羊腸の中に肉を押し出していきます。羊腸を取り付けるのにかなりコツが入ります。それと、今回は、日頃から交流のある「森のほうかごがっこう」からクララ、「遊房」からバハマ、やのちゃん、ランランに参加して頂きました。この写真はその一場面です。
ソーセージスタッファー

最後に、腸詰めにした肉をねじって燻製箱に吊るし燻します。ちなみに右手の方にあるものが燻す前のもの、左手の方にあるのが燻された後のものです。ほんのり香ばしく仕上がっています。この後、ゆでて完成です。
燻製

今回のスタッフ親睦会でつかんだ技を生かしつつ、夏のみらい塾開催に向けて活動していきます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://miraijuku.blog67.fc2.com/tb.php/178-3dc713eb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top