--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.27

夏のみらい塾2014下見、再び坂口へ

こんにちは、たかむ~です。
昨日(4月26日)は、再び越前市の坂口地区にお邪魔して来ました。
参加したメンバーは、み~やん、あっきー、しょーた、たけちゃん、たかむ~です。
坂口地区2回目の下見ということで、今回は、エコビレッジ交流センターから南の方にあるビオトープを見学してきました。

まずは、エコビレッジ交流センターを出発、歩いて15分ぐらいとのこと。
ビオトープへ出発

道端にはタンポポが咲いていました。このガクの形は、今では珍しくなってしまったニホンタンポポです。
ニホンタンポポ

ビオトープは川を渡った反対側にあるということで、一旦、川を渡るため集落の奥まで進んで行きます。
集落の奥を通過

目的地のビオトープに到着、ゆっくりくつろぎます。
ビオトープに到着

ビオトープではこんなヤゴの抜け殻を見つけました。1cmぐらいのヤゴで八丁トンボのものかと思いきやサナエトンボのヤゴということでした。八丁トンボのヤゴはもっと小さいそうです。
ヤゴの抜け殻

最後に、エコビレッジ交流センターで見せてもらった草木染めを紹介します。
草木染め
左のねずみ色のがコナギで染めたもの、左の黄色いのがセイタカアワダチソウで染めたものだそうです。雑草をただ抜くだけじゃなくで、こんな活用の仕方があるんですね。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。